美濃春日茶 生産販売 傳六茶園

 

伊吹山の麓、春日地区では古来700年以上も前から茶の栽培が続けられています。

茶の歴史は古く、今から1,200年前に最澄が唐より持ち帰ったのが始まりと言われています。

いわゆるこのお茶が「在来品種」です。

その後、生産性が高い優良品種の「やぶきた」が全国の茶生産地に急激に普及し、日本茶の90%以上を占めるようになりましたが、山深い春日では急峻な地形が災いし、「やぶきた」への改植が中々進まず、今でも「在来品種」の茶園が残り、現在では全国でも希少・貴重な「在来品種」の茶生産地となり、全国的に脚光を浴びています。

平成22年より、春日地区で栽培される在来品種のお茶を「天空の古来茶」としてブランド名を統一し、茶生産・販売に努めています。

 

価格変更のお知らせ

※今期は天候不順でお茶の収穫量が大幅に減少致しましたので、価格と内容量を調整させていただきました。なにとぞご了承くださいますようお願い致します。

ブログ最新情報

2018 傳六茶園お茶摘み会のご案内です (水, 23 5月 2018)
>> 続きを読む

傳六茶園 お茶積み会のご案内 (Fri, 12 Jun 2015)
>> 続きを読む

明日は揖斐川町大特産市です (Wed, 13 May 2015)
>> 続きを読む

Facebook最新情報